女性ホルモンを増やす方法を実践~カムバックあの頃の私~

食で増やす

女性2人

年齢を重ねるごとに女性ホルモンは徐々に失われてしまいます。しかし、妊娠や出産、年齢を重ねても女性としていつまでも美しくありたいと願う人はとても多いです。女性も健康や美容にはエストロゲンという女性ホルモンが欠かすことができないといわれています。妊娠に必要なホルモンでもあるため、妊活をしている女性にとってもエストロゲンを正常に分泌させることが非常に大切になってきます。女性らしい身体や、妊娠に備え子宮内膜を厚くする働きを行うのもこのエストロゲンです。加齢にともない分泌は減ってしまいますが、こうした女性ホルモンを活性化させることで老化を遅らせることができ、美しい身体を内面から作ることができるのです。エストロゲンを始めとする女性ホルモンを増やす方法は、身近な食品を摂取することで無理なく行うことができます。最近では、女性ホルモンを多く摂取する方法にサプリメントが挙げられます。高麗人蔘や馬プラセンタなどといった美容成分もたっぷり配合されているため、美肌を目指せるだけでなく更年期のイライラを防止できると話題になっています。ドラックストアだけでなく、通販でも様々なサプリメントが販売されているのでチェックしてみましょう。

女性ホルモンを増やす方法として、食べ物やそれに含まれる栄養素を意識することはとても大切です。女性ホルモンに似た働きをする栄養素として広く認識されているのが大豆イソフラボンです。植物性のエストロゲンの一種であるイソフラボンは、現代女性の強い味方といえます。納豆や豆腐、味噌や厚揚げなどのように、原材料に大豆が使用されている食材に多く含まれています。ほかにも植物性のエストロゲンが含まれている食品は様々なものがあり、女性ホルモンが豊富なザクロもその一つだと言われています。エストロゲンは卵巣で作られますが、卵巣の老化を防ぐことも女性ホルモン増やす方法としては効果があります。また、1日に1個たまごを食べるという方法も有効です。良質なタンパク質やコレステロールが多く含まれているため、女性らしい身体作りのためには必要と言えます。特に痩せ型の体型の女性には適した食材です。コレステロールが身体に悪いと考える人も多くいますが、コレステロールは女性ホルモンの貴重な材料となります。そのため、良質なコレステロールの摂取は、女性ホルモンを増やす方法としては有効な手段だと言えます。